本文へスキップ

彩雲弦楽器工房は、ギターとウクレレの製作・修理・調整等をやっております。

電話でのお問い合わせはTEL.090-7331-5316(携帯)
023-625-8148(自宅兼用)

〒990-2441 山形県山形市南一番町10-20 M

製作工程ボディ

ブックマッチ
ブックマッチ,剥ぎ,表板 トップ板とバック板の接ぎ合わせをやります。

側曲げ
サイド板,曲げ,アイロン しばらく水に漬けて置いたサイド板をベンディングアイロンで曲げます。

曲げ完了

側板,ベンディング,ボディライン こんな感じになります。比較的ローズは曲げやすいです。
ベンディングアイロンで曲げたらモールド(ボディの型枠)にはめて固定し、しばらく乾燥させます。

サイド板を曲げるタイミングでウッドバインディングもついでに曲げておきます。

表板の切り出し
表板,外周加工,サウンドホール 表板をボディの形にラフカットします。
上と下についてる耳は作業上必要な物で後から切ります。

ロゼッタ溝
ロゼッタ溝,ギター,ウクレレ ロゼッタを埋める溝を掘ります。
表板の厚さの半分くらいの深さでしょうか。

溝完了
ロゼッタ埋める溝,のみ,ルーター こんな感じです。

ロゼッタ製作

貝,インレイ,切り出し ロゼッタに埋める貝を切り出します。

模様を貝で作る
アバロン,あわび,象嵌 のこである程度の形に切り出したら精密やすりで整えます。

木と貝

ロゼッタ,インレイ,象嵌 木をロゼッタの丸い形に作ってその中にインレイが埋まるように削っていき、インレイを埋めます。
今回はパープルハートという木を使いました。
紫色の美しい木です。

ロゼッタ埋め

パープルハート,ロゼッタ,埋める 表板に彫った溝にロゼッタを埋めます。

ロゼッタ整形

ロゼッタ,完成,インレイ 接着剤が乾いたら出っ張っている部分を削り落として表面を平らにします。

表板の調整
表板,質量,計測 スクレーパーやペーパー等を使って厚さ、重量等を調整します。

裏板の象嵌
バック板,センターライン,貝 ロゼッタと同じ要領で溝を掘り、飾りを入れます。

白い物体は飾りを接着する時に貝を入れる部分にかわりに入れておき、接着剤が乾いた後この白い物を引き抜き空いたスペースに貝をいれていきます。

写真は接着剤が乾いた後引き抜いた状態です。

貝の調整

貝の溝,溝に合わせて貝を削る,アバロン 少し削っては溝に入れてみて入らなかったらまた削りを繰り返してぴったり収まるように加工していきます。

裏板象嵌完成

裏板,バック板,完成 ボディの外周を罫書いてラフカットします。

ブロック接着

ネックブロック,エンドブロック,接着 サイド板にネックブロックとエンドブロックを接着します。

ライニング

ライニング,接着,マホガニー 続いてライニングを接着します。
ライニングはサイド板と表板、裏板の接着の「のり代」になります。

ブレイシング接着

ブレイシング,接着,にかわ クランプを駆使してブレイシングを接着していきます。

ブレイシング整形
ブレイシングパターン,浮雨 ブレイシングを接着したら整形します。

こちらは「浮雨-ふう-」のブレイシングパターンです。

表板接着

表板,サイド板,接着 そして側板に表板を接着します。

コンタウェイ

コンタウェイ,罫書き,加工前 コンタウェイ(コンターのようなカッタウェイのような物)を加える場合は以下のような工程を経ます。
まずは罫書きます。

刃物で加工
コンタウェイ,荒加工,のこ 罫書いた線に沿って刃物で削ります。

のりしろ

ライニング,ペオネス,のりしろ 蓋をする板の接着面を拡大するために、削り口に合わせてのりしろを作ります。
写真はボディ内部から見たところ。

接着面の微調整

蓋,ローズウッド,サイドと同じ のりしろ部を作ったら蓋になる板を当てながら形が合うまで微調整します。

蓋の接着

蓋,接着,ぴったり合わせる 蓋を貼ったところ。

蓋の整形

蓋,余分な部分,カット 貼り終えたら余分な部分をカットします。

コンタウェイ完成

コンター,カッタウェイ,コンタウェイ  これでようやく完了。

ボディ内部

サイドブレイス,ボディ内部,アコースティックギター これで裏板を貼る準備が出来ました。


裏板,接着,箱 表板のブレイシングを削り終えたら裏板も接着してようやく箱になりました。

サイド板整形

サイド板,整形,基準作り この時点でサイド板の形を整え、150番までペーパーやすりをかけます。

なぜこの時点で形を整えるかと言うと、バインディングの溝を掘る時にサイド板を基準にして掘るからです。

ボディエンド部の象嵌

ボディエンド,飾り,インレイ 裏板の象嵌と同じ要領でボディのおしりにも象嵌を入れます。

バインディング溝の治具

バインディング溝,トリマー,治具 このような治具トリマーに取り付けバインディングの溝を掘ります。既成の溝掘り用の治具もいろいろ出ているのですが、どれもうまく機能しない物ばかりなので自作するしかありません。

一見いいかげんそうな治具ですが、これがいまのところ自分の中ではベターなやり方だと思っています。

削ってる様子

サイド基準,バインディング溝堀り,トリマー こんな感じで削ります。
サイド板を2つのポイントでなぞりながらサイド板と平行に溝が彫れるようになっています。

溝完成

バインディング,パーフリング,溝  削り終わったところです。

バインディング接着

ウッドバインディング,接着,ロープ 接着剤を付け、麻の紐でバインディングを固定します。

バインディング完成

貝,パーフリング,装飾 バインディングを巻き終わったところです。
貝の部分は裏板の象嵌と同じ要領であとから入れました。

ダブテイル加工

ダブテイル,トリマー,荒加工 ネックとの接合部分をテンプレートをセットしトリマーで削ります。
これでボディは終了です。
続きはネックの方をご覧下さい。

*ここに紹介している工法はあくまで一例であり、当工房全ての楽器でこの工法を採用している訳ではありません。
さらに工法に関しては常に改良を重ねながらより良いやり方を試行錯誤していますので、現在はここに紹介している工法でないやり方をしている事もあります。


ギター,修理,山形ギター,修理,仙台
店舗イメージ

shop info.店舗情報

彩雲弦楽器工房

〒990-2441
山形県山形市南一番町10-20
       Mコーポ 305
TEL.023-625-8148
FAX.023-623-8728