本文へスキップ

彩雲弦楽器工房は、ギターとウクレレの製作・修理・調整等をやっております。

電話でのお問い合わせはTEL.090-7331-5316(携帯)
023-625-8148(自宅兼用)

〒990-2441 山形県山形市南一番町10-20 M

製作工程塗装

塗料の原料
セラック,原料,塗料 セラックのフレークです。
これは精製率が低い一番自然に近い物で、これを塗り重ねていくとだんだんアメ色が濃くなっていきます。
精製率が高い物は比較的透明なまま塗り重ねれます。

アルコール漬け
アルコール,セラック,溶かす 無水エタノールで溶かします。
1日〜2日で溶けます。

ろ過
濾す,セラック,コーヒーフィルター 溶かしたセラックをろ紙で濾します。

数日置く
濾したて,濁った液,不純物 濾した物を1週間ほど放置しておくと・・・

沈殿
不純物,沈殿,上澄み液 このようにろ紙では取りきれなかった細かい不純物が沈殿します。

上澄み液
上澄み液,分離,スポイト 上澄みをスポイトでとり、ようやく使える状態になります。

右が上澄みです。

フレンチポリッシュ

フレンチポリッシュ,タンポ擦り,シェラック あとはセラックをタンポでひたすら塗る!塗る!塗りまくる!どのくらい塗るかというと木の導管が埋まって一膜できる位です。

磨いて完成

仕上げ,シェラック,アルコール 仕上げにアルコールだけをつけた布で磨きをかけます。

ニトロセルロースラッカーの工程はほとんど代わり映えしない写真になるので掲載していません。
ラッカー以外にもポリウレタン塗装も可能です


*ここに紹介している工法はあくまで一例であり、当工房全ての楽器でこの工法を採用している訳ではありません。
さらに工法に関しては常に改良を重ねながらより良いやり方を試行錯誤していますので、現在はここに紹介している工法でないやり方をしている事もあります。


塗装,山形,ギター塗装,仙台,ギター
店舗イメージ

shop info.店舗情報

彩雲弦楽器工房

〒990-2441
山形県山形市南一番町10-20
       Mコーポ 305
TEL.023-625-8148
FAX.023-623-8728