本文へスキップ

彩雲弦楽器工房は、ギターとウクレレの製作・修理・調整等をやっております。

電話でのお問い合わせはTEL.090-7331-5316(携帯)
023-625-8148(自宅兼用)

〒990-2441 山形県山形市南一番町10-20 M

修理例ピックガード製作

概要
オリジナル,ピックガード,加工前 こちらがオリジナルのピックガードです。
リアP.Uをハムバッカーに変更するのと微妙に外周の形を変えたいとの事で、新たに製作することになりました。

罫書き
テンプレート,製作,型 まず、ベニヤの合板にオリジナルのピックガードを元に外周のラインを描いて行きます。

テンプレート製作
ラフカット,ベニヤ,合板 描いたラインに沿って糸鋸でラフカット。

テンプレート整形
テンプレート,整形,やすり やすり、ペーパー等で形を整えます。

テンプレート仕上げ
形,チェック,実寸 ギターに乗せてみて確認し、形を微調整していきます

P.G材切り出し
ピックガード材,パーロイド,ラフカット 合板の型が出来たら、ピックガード材を切り出します。まずはラフカット。

テンプレートをセット

トリマー,削る準備,テンプレートセット 切り出したピックガード材に合板の型を両面テープで貼ります。

削り出し

コロ付ビット,トリマー,ガイドに沿って削る 型に沿ってトリマーで削ります。
面取り加工もトリマーでやります。

穴開け

ピックガード,穴開け,ボール盤 外周を削ったら、コントロール類の穴を開けます。

磨き

面取り部分,磨く,ペーパーやすり 面取りした所をペーパーで1000番まで磨きます。

仕上げ
ピックガード,淵,磨く 1000番までかけたらコンパウンドでさらに磨きます。

ビス穴
P.G,ビス穴,穴あけ ビス穴を開けます。

面取り
ビス穴,面取り,テーパー  ビス穴をビスの大きさに合わせて面取りします。

パーツ取り付け

パーツ取り付け,P.U.ポット パーツを組み込み・・・

配線

サーキット,配線,はんだゴテ 配線します。

ビス位置

ビス穴,位置,マーキング  ビスの位置を千枚通しで印ます。

下穴

ボディ,ビス穴,下穴 印した所にビスの下穴を開けます。
ちなみにピックガードの外周のラインを変えたので、それに伴いビス位置も変わるので、元のビス穴は埋めてあります。

面取り

塗膜,欠け防止,面取り  塗膜の欠け防止の為、穴の入り口を面取りします。

完成
組み込み,完成,ピックガード製作 ビス止めし、弦を張り、様々な調整をして完成です。


facebook,aicon,logo imstagram,icon,logoyoutube,icon,logo
店舗イメージ

shop info.店舗情報

彩雲弦楽器工房

〒990-2441
山形県山形市南一番町10-20
       Mコーポ 305
TEL.023-625-8148
FAX.023-623-8728