本文へスキップ

彩雲弦楽器工房は、ギターとウクレレの製作・修理・調整等をやっております。

電話でのお問い合わせはTEL.090-7331-5316(携帯)
023-625-8148(自宅兼用)

〒990-2441 山形県山形市南一番町10-20 M

修理例ブリッジ製作取り付け

症状
ブリッジ,割れ,壊れ ブリッジが割れてほぼ剥がれかかっています。
これは新しくブリッジを作ります。

ブリッジ剥がし
ブリッジ,剥がす,水分 熱と水分を加えながらへらで少しづつ剥がしていきます。

剥がし完了
剥がしたブリッジ,アコギ,ウクレレ 剥がしました。

新ブリッジ作成
ブリッジ,新規作成,罫書き 新しいブリッジ材にブリッジの外周を罫書くために割れていたブリッジを接着してから、書きます。
写真では元のブリッジがそのまま使えそうですが、ゆがんでいてもう使えません。

ラフカット
ラフカット,新ブリッジ,糸のこ 罫書いた線に沿って糸鋸でラフカットします。

マダガスカルローズウッド
オリジナルブリッジ,コピー,マダガスカルローズウッド こんな感じです。
元のブリッジはブラジリアンローズウッドと思われる材で出来ていました。
今回はお客様のご希望でニューハカランダと言われているマダガスカルローズウッドを使いました。

外周整形

外周,整形,仕上げ ラフに加工した外周のラインを綺麗に整えます。

厚さ決め
厚み,仕上げ,ルーター ルーターで厚さを決めます。
接着面の形を作るときに少し削るのでその分を計算して(1mmくらい)少し厚めにします。

ブリッジピン穴

ブリッジピン穴,ボール盤 ブリッジピンの穴をあけます。

サドル溝

サドル溝,専用治具,トリマー このような治具を使いサドルの溝をほります。
当然の事ながらブリッジピンの位置、サドルの溝の位置、深さはオリジナルのブリッジの完コピーです。

ピン溝

ブリッジピン溝,のこ,やすり ブリッジピンの溝を切ります。

サドル溝とピン穴
サドル溝,ブリッジピン周り,完成 こんな感じです。

上面の型取り
ブリッジ上部,形,型どり オリジナルのブリッジの形をとり・・・

上面の形状
型,コピー,道具 この形に合わせて・・・

上面加工

ブリッジ,ウィング部,彫刻刀 削ります。

面取り

外周,面取り,やすり 面取り部分もオリジナルを真似ます。

磨き仕上げ

サンドペーパー,仕上げ,磨き  形ができたら、紙やすりで磨きます。

ブリッジ位置確認

ブリッジ,位置決め,接着箇所 念のためブリッジの位置が正しいか確認してから・・・

ボディ側の接着面整形
ボディ塗膜,ブリッジ外周ライン,マーキング 接着面の外周をナイフでマーキングします。

剥がれる原因

塗膜,剥がすべきところ,剥がす マーキングした内側に塗料が乗っているのが解るでしょうか。このギターも塗料の上から接着していた事がわかります。
工場製品は見た目を良くするためと手間を省くためにこのようになっている事が多いですが、ブリッジが剥がれてくる原因になります。

接着面の調整

のみ,サンドペーパー,塗膜剥ぎ 残っている塗料をとり、接着面を整えます。
木に塗料が染み込んでいるので少し余分に削ります。

接着面完了
ボディ,ブリッジ接着面,整形 こんな感じです。ブリッジの外周よりもほんのわずかに広めに接着面を作ります。
数字で計った事はありませんが、0.1〜0.2mmぐらいでしょうか。
そうするとブリッジを貼った時にブリッジの際の見た目が悪いという人もいるかもしてませんが、私は見た目よりも楽器として成り立つ方を重要視します。

ブリッジ側の接着面

ブリッジ側,接着面,ボディの形に合わせる ボディ側の接着面の形に合わせてブリッジ側の接着面を整形します。

ブリッジ完成

オリジナルブリッジ,完全コピー,真似 コピー出来ました。

接着

新ブリッジ,接着,にかわ 接着します。

ピン穴拡張

ブリッジピン穴,リーマー,テーパー テーパーリーマーを使い、ブリッジピンの差込具合を調整します。

ピン穴面取

ブリッジピン穴,面取り,割れ防止  欠け防止のため面取りします。

ピエゾの穴

p.u用,穴,アンダーサドル サドルの溝にインブリッジピエゾの通る穴をあけます

塗装の補修

塗膜,割れた部分,補修 ブリッジが割れた時に剥がれたと思われる塗装の欠けを補修します。
今回はタッチアップ料金が含まれていないので、簡易的な補修で済ませます。

ブリッジの保湿

亜麻仁油,保湿,仕上げ 乾燥による割れを防ぐため、軽くオイルフィニッシュで仕上げます。

フレット磨き

指板,レモンオイル,クリーニング  フレットが汚れていたので磨き・・・

クリーニング

掃除,ボディ内部,ほこり  ボディの中のほこりをとり・・・

完了

最終チェック,弦高,オクターブ 弦を張り、調整を施して完了です。
やはり、2〜3日弦を張りっぱなしにして問題無ければ納品です。

店舗イメージ

shop info.店舗情報

彩雲弦楽器工房

〒990-2441
山形県山形市南一番町10-20
       Mコーポ 305
TEL.023-625-8148
FAX.023-623-8728