本文へスキップ

彩雲弦楽器工房は、ギターとウクレレの製作・修理・調整等をやっております。

電話でのお問い合わせはTEL.090-7331-5316(携帯)
023-625-8148(自宅兼用)

〒990-2441 山形県山形市南一番町10-20 M

修理例フレット打ち替え

修理概要
ナルダン,narudan,ピックギター 古いナルダンのギターです。
フレット打ち替えをします。
ついでに指板のRがほとんどなくフラットに近いので指板にRをつけます。
それとポジションマークがはずれてしまっているので、新しく貝で作って埋め込みます。

フレット抜き
フレット外し,指板r付け,指板修正 まずフレットを外し、指板修正をしてRをつけます。

ポジションマーク溝修正
ポジションマーク,補修,埋めなおし ポジションマークの窪みが浅かったので深くして新しい貝を埋めます。

ポジションマーク接着
ポジションマーク,エポキシ樹脂,接着 接着している所です。

ポジションマーク整形
指板,仕上げ,ストレート 接着剤が固まったらでっぱった部分を削ってならします。

フレット打ち
フレット,セル部,削る 続いてフレットを打ちますが、指板にセルがついているのでフレットを細工しなければいけません。
写真のように両端の足を切って形を整えます。

すり合わせ

フレット,打ち入れる,すり合わせ 全部打ち終えたらすり合わせをしてフレットの高さを揃えます。

フレット整形

フレット,整形,サイド,バリ すり合わせによって台形になったフレットの角をおとし、ペーパーやすりで磨き、コンパウンドで磨いて仕上げます。
フレットサイドの角も少し落としてあげると手に当たる感覚がやさしくなります。
1本1本手作業でやるので大変手間がかかりますが1つ1つの仕事を丁寧にすると弾き心地ががぜん良くなります。特にネックまわりは直接触れる部分ですので重要です。

サドルの交換

サドル,交換,R合わず もともと付いていたサドルが指板R変更した事によりサドルのRが合わなくなるので、サドルにもRをつけなくてはいけないのですが、サドルの高さが足りなくなるので、今回は新たにサドルを作ります。

サドル作成

サドル,作成,作り直し サドル頂点をオクターブもしっかり合うような形に整形し、完成です。

フレット交換完了
フレット交換,完了,納品 弦を張り、調整して完成です。
最後に修理を依頼してくれた方に感謝の気持ちを込めて、全体を磨きワックスをかけて納品します。
いつもの事ですが、納品する時は緊張します。
依頼主がチェックしOKをだしていただいた時はほっとします。


店舗イメージ

shop info.店舗情報

彩雲弦楽器工房

〒990-2441
山形県山形市南一番町10-20
       Mコーポ 305
TEL.023-625-8148
FAX.023-623-8728