本文へスキップ

彩雲弦楽器工房は、ギターとウクレレの製作・修理・調整等をやっております。

電話でのお問い合わせはTEL.090-7331-5316(携帯)
023-625-8148(自宅兼用)

〒990-2441 山形県山形市南一番町10-20 M

修理例ネックリシェイプ

修理概要
ネック,太い,削る ネックが太いとの事なのでオーナーの好みの太さまで削ります。

ネックの厚み決め
厚み,削る,薄くする 削る時、最初に厚み方向を決めます。
ギターによっては仕込まれているロッドの種類等の関係で厚み方向はほとんど削れないのですが(ロッドが現れる為。)、このギターは大丈夫そうだったので2〜3mm削りました。

シェイプ作り
ネックシェイプ,丸くする,U字型 厚みを決めたら、両脇をU字のように削っていきます

シェイプ仕上げ
ネック,真っ直ぐ,ストレート 平面のでた板でネックの直線をだします。

ヒールヘッド部整形
ヒール,調整,削る ヒール部とヘッドの付け根を削ったネックに合わせて自然になるようになだらかに削ります。

塗装開始
塗装,下地,中塗り ペーパーやすりで木地調整したら塗装に入ります。
まずはシーラーを吹き付けます。

目止め

フィラー,目止め,砥の粉 シーラーが乾いたら目止め剤(フィラー)を塗ります。
通常は木の色に合わせて着色した目止め剤を塗るのですが、このギターは着色していない目止め剤を塗ってあったので今回は着色なしでやります。

再研磨
目止め剤,削ぐ,余分な部分 目止め剤が乾いたら余分な目止め剤を落とします。

肉付け塗装

塗装,サンディングシーラー,肉付け そしてまたシーラーを1回吹き付けて、乾いたらサンジングシーラーで肉ずけ塗装をします。

マスキング

着色,準備,マスキング 肉付け塗装まで終わったら、着色の準備をします。マスキングして・・・

上塗り
着色,アメ色,日焼け色 着色が終わったらマスキングを剥がし、上塗りします

完了
クリアー塗装,トップコート,上塗り 塗装が乾いたらペーパーとコンパウンドで磨きます。
あとは元どうりパーツを組み込んで完成です。



店舗イメージ

shop info.店舗情報

彩雲弦楽器工房

〒990-2441
山形県山形市南一番町10-20
       Mコーポ 305
TEL.023-625-8148
FAX.023-623-8728